緑内障治療のための点眼薬

緑内障の治療は、まずは眼圧を押し下げることが基本です。正常眼圧緑内障も、眼圧を下げれば緑内障の進行が抑えられることが確認されています。
一般的には、眼科医が処方する点眼薬(目薬)で眼圧を押し下げることを努め、そして点眼薬で十分な効果が得られない場合は、レーザー治療や手術などの治療を検討することになります。
緑内障治療薬には点眼薬のほかにも内服薬(呑み薬)もありますが、副作用が手強い場合もあって、使えるケースは数少ないようです。

緑内障の治療に数多く使える点眼薬は、緑内障のタイプや進行状況において薬品が異なりますが、現在10種類以上の薬が提供されています。点眼薬のタイプを大別すると、房水(ぼうすい)の排出を促すタイプと房水の量を抑えるタイプの2つになります。

点眼薬は上手くささないと効果が半減してしまうので、規則正しいさし方を知っておく必要があります。
ともかく、下まぶたを指でおし下げ目薬を1滴だけさします。そして、丸ごと眼を甘く閉じて、1〜5分間目頭の下を指で押さえます。こういうとき薬が鼻やのどに流れ落ちていかないようにしましょう。点眼薬が目からこぼれたらふき取るように決める。断然房水の排出を促すプロスタグランジン製剤を含んだ点眼薬は、まぶたの黒ずみやまつ毛が分厚くなるといった副作用が確認されています。こぼれた点眼薬は、一気にふき取るようにしましょう。
通常の点眼薬と違って、緑内障の薬は自律神経に呼び掛けるものもあります。商品によっては涙が出やすくなり、点眼薬の成分が流れ出ることもあるので注意しましょう。

点眼薬には副作用もあります。共通する副作用としては、目薬に含まれる防腐剤のベンザルコニウムによる角膜障害があります。ベンザルコニウムは非常に抗菌効果が高いため、全点眼薬の約80%においていらっしゃる。長期間使い続けると角膜障害を起こします。

また、一度に多くの点眼薬を示すと、頭痛やめまいといった副作用が生じるおそれもあります。複数の点眼薬による際は、どうしても間隔をあけるようにしましょう。

ますます、ある日さっさとアレルギー症状が出てしまうこともあります。どの薬によるアレルギーなのか見つけるために、いったん、全ての目薬を止めてから1種類ずつ再開することで突き止めます。http://www.mytriops.net/