秩父は暑くても寒くても氷天国

秩父の氷柱スポットがあるのはご存知ですか?三十槌の氷柱や芦ヶ久保の氷柱は埼玉県で体験ができる冬の有名名勝だ。
埼玉県秩父郡横瀬町で毎年1月上旬〜2月下旬に公開浴びるのは西武秩父線の電車の中からもはからずもトンネルに入る直後に見分けることができる芦ヶ久保の氷柱だ。
冬の寒さの中にある美しさを最大限行うことができる貴重な氷の芸術だ。
荒川河川敷における三十槌の氷柱は岩清水が凍り付き作られています。特徴は自然の天然氷柱を在ること!氷柱はもちろん自然にとれるものですが、名勝にまでなると何だか自然だけの氷柱だけではできません。最大幅30メートル、高さ10メートルの氷柱に圧倒されます。人工に水を流した氷柱も当然ありますがスケールが著しく、驚かされます。
昼間に見分ける自然の中に生じるダイナミックさを肌で感じる氷柱と夜になると星空の下でライトアップをされ色取り取りに変化する氷柱を楽しむ結果ができる空間はとてもロマンチックだ。デートにも是非オススメです!
氷柱を観て感動し、身体が冷えたところでシーズン 中は甘酒も提供されほっとひといきつくことができます。
心も体もぽかぽかになりながら真冬の夜空を見渡し、最高の思いで作りができます。
さて、秩父の氷といえば採り入れる氷も大人気!お店の名前は「阿左美冷蔵」ライン下で有名な長瀞にあります。
長蛇の列に並んでも食べてみたい!という人多し!一度はどうにかフワフワの天然かき氷を味わってください。もう130年も貫く製氷業者が1992年にかき氷の店としてオープンしてからテレビや雑誌にグングン取り上げられ今ではピークには2?3時間並ぶのも珍しくないそうです。並んででも召し上がる価値はありますが、ピークを除けばスムーズに入れるということで一年中食べることができます!天然氷に天然シロップをかけ、和風の庭園にモダンな室内と昔の日本風景をイメージさせる何とも秩父の代表する名店だ。
山盛りに厳しく積もって表れるかき氷に一瞬「こんなにも食べれるかしら?」というのですが何の心配も取り除けるほどスプーンですくってふわっとっと口へ運び、中でシュワ?っと溶けて行く口どけに手が止まらなくなります。是非一度お越しくださいませ!http://www.charityawards.nl/