夏バテには夏野菜で対処する

猛暑が貫くと、人はどうにもへたばって来てしまいます。
栄養ドリンクを飲んだり、鰻を奮発して食べたりしても、かなり疲れは取り去れづらくなりますね。
そういった時採り入れるべきものは、最も旬の夏野菜ではないでしょうか。
トマトやキュウリ、ナスなど、通年中売られてはいますが、本来は夏の野菜だ。
今はいつでもスーパーに売られているのですが、昔は夏でなければ八百屋さんには並ぶことのないものでした。
取り敢えずその野菜の旬というものがあるので、その旬の時折栄養価も益々出るのです。

夏野菜というと、キュウリ、ナス、トマト、トウモロコシ、ピーマン、カボチャ等々、他にも色々あります。
どんな栄養素が含まれているのでしょうか。

キュウリ・・95パーセントが水分ですが、カリウムが豊富に含まれています。
カリウムは体内の塩分を排出する効果があるので、水分取りすぎでむくみが出たりしたところ次々食べると良いでしょう。

トマト・・豊富なリコピンが含まれています。
こういうリコピンは大きい抗酸化作用がありますので、活性酸素を抑制して、夏バテによるリラックスに効果があります。
また、様々なビタミン、ミネラルも豊富なので体が元気になります。

ピーマン・・ビタミンCが豊富に含まれている点では、野菜の中でもダントツです。
ビタミンCは疲れにも一心に効きますし、激しい太陽による紫外線によるメラニンを排出して受け取る役目もします。
また、ビタミンAも豊富です。

ナス・・ナスの紫色は成分のナスニンによるものです。
こういうナスニンはポリフェノールの一種で、おっきい抗酸化作用があるので、活性酸素を除去して病気や疲れを取り除いて貰える。
他にもコリンという成分は胃液の分泌を促すので、夏バテによる食欲不振にも役立って貰える。

カボチャ・・ベータカロテンが豊富に含まれているのは有名ですね。
こういうベータカロテンは体内でビタミンAに変わり、癌予防、耐性を高め、アンチエイジングもして貰える。
無論夏バテにもそれほど効きます。

トウモロコシ・・豊富なビタミン、ミネラルが含まれているので夏バテ防止になる野菜だ。
タンパク質とサッカリドが主成分ですから、主食としての役割もできるので、食欲がないところごはんの代わりに食べてもいいでしょう。

夏バテ対策に、夏野菜を色々な料理に使って楽しみましょう。http://www.tubunomi.net/