ツボ刺激による緑内障の予防

眼圧が正常な緑内障の患者の特徴として、血行が悪いという共通点があります。
これは、血行が悪くなった結果視神経が軽くなるためで、ツボ刺激により血行を良くすることによって、緑内障の進行を遅らせたり予防が期待できます。

脳戸(のうこ)は、後頭部の中央部にいるへこみに位置するツボで、水液の流れや血行を良くするといわれています。

下のまぶた、骨のふちにあたる部分のツボが承泣(しょうきゅう)だ。緑内障をはじめ目の疾患によく効くツボとされ、熱冷ましや腫れを引き下げるときにも、こういうツボを刺激すると良いとされます。

攅竹(さんちく)は眉頭の内側の、目の上の骨縁の幾らかくぼんですところに起こるツボだ。一般的には視力回復や老眼、目の充血に効くといわれますが、こういうほか頭痛やめまいなどにも効果があるとされます。

陽輔(ようほ)は、すねの外側に位置するツボだ。陽輔は胆経のツボで、外側のくるぶしから指4〜5本くらい上にあります。

光明(こうめい)も胆経で、陽輔のさらに指2本ほど上にあり、疲れ目やかすみに効果があるとされています。

この他目に効くツボとしては、目頭の左右のくぼんですところ、鼻の付け根の横側に起こるツボが晴明(せいめい)で、こめかみの下の、さっとくぼんです部分に起こるツボが太陽(たいよう)だ。また、首の後ろの髪の生え際で、耳と首の骨の中間に居残るさっとくぼんです部分に残るツボが風池(ふうち)になります。

ツボ刺激の方法としてはハリや灸、指圧などさまざまですが、自分で簡単に行うなら指圧がおすすめです。入浴後など、目をぐっすり温めたあとの心身がリラックスしているときに行いましょう。
ツボ圧しのポイントは、両手の中指や薬指など力が入れ難い指で、指の腹を使うようにして優しく圧すことです。一際目の周りのツボは、強すぎる刺激を与えると却って負担が大きくなってしまうので注意が必要です。

また、鍼灸院の中には、目の周りの特殊なツボにハリで刺激をすることによって、緑内障の改善にかけて掛かるところもあります。本格的なツボ治療を行うならまずは口コミや周囲の人の評判などをぐっすり聞いて、鍼灸院を選ぶとよいでしょう。

ツボ治療だけで成果をもたらすのは苦しい場合があります。おんなじ東洋医学の漢方や和漢サプリメントを併用するのもいいかもしれません。https://www.foot-and-mouth.org.uk/