アメリカの留学プログラム

アメリカでは海外留学の制度が充実しています。
現にアメリカで用意されている海外留学用のプログラムについて紹介します。
大きく分けて4タイプあります。

・「短期留学」…中高大学生向けのプログラムだ。
中高生で夏休みによって、大学生で長期休暇によって、海外留学をしたい人におすすめです。
観光ビザで最大12週間滞在することができます。
ただしパートタイムの就学となるため、フルタイムで就学することはできません。
フルタイムで就学をしたい場合には短期間でも学生ビザを取得しなければいけません。
語学学校で覚え、ホームスティで滞在するのが一般的です。
短期間ながら現地の学生と交流したり異文化に触れられたりするのが魅力です。
短期間でも海外旅行とは違う、現地の人々の生活の中で英語に触れ、様々な出会いや経験ができます。
ようやく留学する人におすすめです。
長期間留学する前にまずは短期留学を体験しておくことで自信につながります。

・「語学留学」…大学生、社会人向けのプログラムだ。
アメリカで生活をしながら語学を学ぶことができます。
政治や経済、スポーツ、音楽、エンターテイメントなど世界最先端の文化に触ることができます。
留学先も豊富、アメリカ50州の中から選ぶことができます。
様々な人種のいるアメリカでは、世界中の皆と携わるチャンスがあります。
バックグラウンドにとらわれず皆と出くわし、人々の週間、文化、価値観にて国際的な視野を持つことができます。

・「休学、認定留学」…大学生対象のプログラムだ。
休学留学は、大学を半年から通年くらい休学して海外留学をする制度だ。
認定留学は、大学側が単位を認定してくれた状態で渡航望める制度だ。
ただし留学先は大学側が提携している大学のみとなります。
このように大学生が長期間留学を通して英語力とスキルを覚え、社会に出てからそのスキルを役立てることができるように行われている留学プログラムだ。
英語だけではなく、専門スキルの習得を目指します。
帰国後、就職の際に有利になるようにとTOEICなどでハイスコアを目指すため学ぶ人もいる。
将来のことを考える機会にもなりますし、就職にも有利になりますし、社会に出てからの海外留学はずいぶんできないので、甚だ良い機会になると思います。

・「インターンシップ」…ワーキングホリデーの制度がないアメリカでは、フルタイム働きながら学校へ通うことができません。
しかし就学の一貫で英語研修と並行で企業研修をすることはできます。
長期語学研修のあとに、4週間〜8週間程度のみですが企業研修を行うことができます。
本格的に動くことはできませんが、アメリカの実際の現場で職業体験ができる貴重な機会となります。
実践の場で英語を使えるので英語力も向上できます。引用